探偵の仕事中に信号待ちをしていたら、後ろから追突されました。

探偵の仕事中に信号待ちをしていたら、後ろから追突されました。びっくりしたのと、首の部分が熱を持っている感じがしました。車は、修理は終わったのですが、私の体のほうがまだなんです。

医者に言わせると、「これは時間がかかるぞ」と言う事なのですが、本当に交通事故ってやったほうも、やられたほうもお互いに嫌な思いをすると思います。皆様も車の運転は気をつけたほうが良いですよ!

浮気調査こそ、張込み・尾行・聞込みの基本がなっていないと良い仕事は出来ません。

浮気調査こそ、張込み・尾行・聞込みの基本がなっていないと良い仕事は出来ません。この基本が難しいんです。私は、報告書をお客様にお渡しして、弁護士の先生のところにも、お客様と一緒に行きます。

その時に、法律のプロである弁護士の先生にこれで良いと言われるまでの報告書を作るのが、浮気調査を請け負った調査のプロである私達の役目だと思っています。お客様には人生がかかっていますので、当然の役目だと思います。

探偵は、契約欲しさに知ったかぶりでお客様に法律の事をあまり言わない方が良いです。

探偵は、契約欲しさに知ったかぶりでお客様に法律の事をあまり言わない方が良いです。やはり、法律のプロが(弁護士)いますからそこは、弁護士に聞かないとわかりませんと、弊社では答えています。

例えば、お客様に「別居して半年経つけど、慰謝料請求できますか」と聞かれた時には、私どももそこのところはわかりませんので、すぐに弁護士の先生に電話をして聞きます。そう言った部分で契約欲しさに「大丈夫です。」と勝手に言ってはいけませんね。

 

コロナウイルスがまん延してきましたね。探偵の私もすごく気をつけています。

コロナウイルスがまん延してきましたね。探偵の私もすごく気をつけていますし、事務所も換気を良くしコロナ対策は施しています。飲食関係は時短営業ですが、私達探偵には時短はないですけど、調査には少し影響が出ています。

しかし、私達は調査のプロなので、言い訳はせずにそこは考えながら調査を進めて行っています。人間は、考えながら努力をすれば何とかなるというのが、私の持論なんです。(誰でもそんなふうに考えているかも知れませんね!)

何か偉そうな事を言ってすみません。

浮気調査は、調査してもらって良かったと言われるくらいの報告書を提出しなければいけません。

浮気調査は、お客様に調査してもらって良かったと言われるくらいの報告書を提出しなければいけません。気がきく調査が必要だと思います。調査員が自分で判断してこの部分は必要がないと判断してはいけません。

調査は100%を目指しておこなうのですが、私達も人間ですし対象者も警戒している事もありますが、撮影出来るものは全て撮影すると言う基本的な考えを失ってはいけませんね。

石川県内ではありませんが、またお客様と探偵社がトラブルになりました。

石川県内ではありませんが、またお客様と探偵社がトラブルになりました。どんなトラブルかと言いますと、お客様が調べて欲しい事が三つあり探偵社はわかりましたと三つ調べての契約になりました。

ところが、二つしか調べる事が出来なかったのに契約金額全額を請求されたと言う事です。私が思うに、誰が考えても、調べた二つに対して金額を請求するか、約束を守れなかったので、請求しないかどちらかだと思います。

そこは、どのような契約をしたかによりますね。

弊社も探偵業を創業して15年目に入りました。

弊社も探偵業を創業して15年目に入りました。いろんな事案を一生懸命にやっているうちに、あっと言う間に経ってしまいました。とにかくお客様の事案の解決のために突っ走ってきました。

私も、おじさんになるのも自分自身でわかるような気がします。ただ技術力は確実に向上したなぁ~と思います。(15年もすれば当たり前ですね!)しかし、まだまだ勉強しなければいけない事がたくさんあります。日々勉強しながら頑張ります。

浮気調査において出来る事は出来る、出来ない事は出来ないと、お客様に伝えないと。

浮気調査において出来る事は出来る、出来ない事は出来ないと、お客様に伝えないといけません。出来ない事も契約欲しさに出来ると、お客様に噓を言ってはいけません。トラブルになりますからね。

やっぱり人間は噓は駄目です。人は正直にならないとまともな人生を歩めないと思います。例え、経営が苦しくても嘘は駄目です。私は、宗教家ではありませんが、神様はお見通しだと思います。

 

探偵も少しは、法律を勉強しないと仕事になりません。

探偵も少しは、法律を勉強しないと仕事になりません。それは、どの位置から撮影をすれば法律に触れないのかと瞬時に判断しなければいけません。なぜかと言いますと違法に取得した証拠は証拠にはならないと判断されるからです。

張込み等も同じです。他人の敷地内に入れば、他人の住居に不法侵入をして撮影した事になります。これもやはりだめですね。ですから、探偵と言う仕事は、いろんな事を想定して仕事しなければいけません。これも技術力の一つではないでしょうか。

 

自分が、探偵に調査依頼しようと場合を考えてみました。

もし、私が探偵調査依頼をしようとした場合についていろいろと考えてみました。まずは、その会社が本当に信じられるのかどうか、ここが一番難しいポイントですね。弁護士の先生から紹介されたとか、知人に紹介されたとかでしたら、まだしもご自身で探されている場合には、ネット等の広告を観るのと、ネットで記載されている事務所が本当に実在するのか?アパートだったりマンションだったりする可能性もあります。


後は、やはり費用のほうだと思います。この探偵業は、どの業種に比べても高いです。では、どのように比較するのか?だいたい弁護士費用と同じくらいだと考えるのが妥当ではないでしょうか?もし、ご縁がありましたら何卒よろしくお願い申し上げます。