浮気調査をお考えのお客様へ

浮気調査をお考えのお客様へと言う事なんですが、どこの探偵事務所に依頼しようかなぁ~と悩まれると思います。

特に弊社をアピールするわけではありませんが、一つだけ言えるのは、面談時に他社さんの事を言わないところを選択すると言う事をお勧めします。

それは、なぜかと言いますと、自分のところに自信がないのではないかと私は、考えています。

一番大切なのは、費用面・品質であると思います。一度報告書の事例と言うものを見せてもらうと言う事も失敗を防ぐ手段だと思います。

今年は、探偵としていろんな方々にお世話になりました。

今年は、探偵としていろんなお客様や各方面の方々には本当にお世話になりました。

私たち探偵には、年末年始休暇はほとんどありませんが、また来年も頑張って少しでもお客様のお力になれれば思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

探偵業会も少しは良くなってきたと思います。

最近、思うのですが私達探偵業会でのトラブルが、少しづつ良くなっているような気がします。理論的根拠はありませんが、私が思うには、お客様のほうがいろいろと調べてから、お問い合わせや面談等をおこなっているのが、トラブルが減少している原因だと思います。

それでは困るのですが、トラブルが減っていると言うのは良い事だと考えています。

探偵は、お客様の人生の後押しをするのが仕事だと思うます。

私達探偵の仕事と言うのは、証拠の取得は当たり前ですが、その証拠によってお客様の人生が左右しますので、私達探偵は、お客様の人生の後押しをするのが仕事だと私は考えています。

ですから、真剣にお客様のお話を最後までお聞きし、調査の計画立案をしなければいけません。そして、その証拠を基にお客様が、次のステップに向かっていけるようにする事が、探偵の責務だと私は考えています。

 

浮気調査ご依頼のお客様の心はずっと不安です。

私達探偵の仕事の中で一番多いご依頼は浮気調査です。そのほとんどのお客様は、ずっと不安の気持ちだと思います。証拠を取得したのは、良いのでれど今後どうしたら良いのかわからない。と言うお客様が多いです。

しかし、不安に思うことはないと思います。なぜなら、平行線では何の解決にならないと思いますが、まずは前に進むのにはどうしたら良いのかと言う事をお考え下さい。

私だけの考えかも知れませんが、人生一度しかありません。前を向いて幸せ取り戻したらどうかなと思います。偉そうな事を言ってすみません。

探偵は、お客様の事案解決のお手伝いが仕事です。

私達探偵は、お客様の事案解決のお手伝いが仕事だといつも心がけています。会社でありますから、当然に利益を求めますが、まず最初に考えなければいけないのは、どうすればお客様の事案解決のお手伝いが出来るのかと言う部分だと思います。

会社の利益を優先に考えから、お客様とトラブルになるのではないのかと思います。探偵は、影の存在にならなければいけないと良く言われますが、仕事上はそうだと思いますが、お客様にたいしては、正直に影を作らないと言うのが私の心情です。

浮気調査依頼のお客様のお気持ちを真剣に考えなければいけけません。

私達探偵は、浮気調査依頼のお客様のお気持ちを真剣に考えなければいけけません。浮気調査依頼のお客様からいくらで契約しようとか、自分の私利私欲を考えてはいけないです。

基本的には、証拠を取得するのは、プロとして当たり前のことですので、その他にお客様の事案をどのように解決したら良いのかと言う事を第一に考えることがプロとしての役割の一つではないのかと私は考えています。

浮気調査依頼を悩まれている方へ

浮気調査依頼を悩まれている方へと言うことで書きますと営業になってしまいますが、ポジティブに考えるか、ネガティブに考えるのか、答えは二つに一つだと思います。(当たり前のことを言っていますね。)

我慢をするか?どんどんと前に進むか?なのだと思います。せっかくこの世に生まれた人生をどのように進むかは、私どもが言えることではないです。しかし、我慢をするか?どんどんと前に進むか?を決めなければいけない時がくると思います。それは、我が子に対してどうなのか?と言う部分です。

そっと、長年我慢をして良い部分もあります。私どもが言えるのは、自分の人生はどうなのか?だけです。何かえらそうなことを言ってすみません。

 

法律上、探偵ができる業務について

法律上、探偵ができる業務については、探偵業法というのがあります。そこに定められた業務内容は、張り込み・尾行・聞き込みだけなんです。それ以外の業務はしてはいけないことになっています。

例えば、お客様が業法以外のことでお問い合わせした場合に、対応する業者は違法なことをする業者だとご判断してください。最近、探偵業者のネット詐欺行為をするというお話を良く聞きます。同じ業界の人間として悲しいです。

浮気調査の証拠について最近の傾向

浮気調査の証拠について最近の傾向は、弁護士の先生からかなり詳細な部分までの要求が増えています。それは、なぜかと言いますと、今の時代はネット社会なのでいろんな事をご自身で調べ、相手側の主義主張が多岐にわたり反論が複雑になり、それについてこちら側も反論をしなければいけないからです。

反論をすると言うことは、それなりの裏づけがないと反論出来ません。ですから、浮気調査の証拠については、詳細な部分までの証拠の取得が必要だと言うことなんですね。